ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

タリーズの缶コーヒーがまずいって本当?何がまずいか調査してみた

タリーズの缶コーヒーがまずいという口コミがめちゃくちゃ多く存在します!
何がそんなにまずいのでしょうか?

本記事では、タリーズの缶コーヒーがまずいと感じる人たちの口コミからまずい原因を探ってみました。

タリーズの缶コーヒーがまずいのは本当?

TwitterなどSNSで検索してみると、「タリーズの缶コーヒーがまずい」という口コミが驚くほど出てきます。
一部をご紹介すると・・・

・タリーズの缶コーヒーだけは苦手
・お店もまずいと思ってたけど、缶コーヒーもクソまずい
・タリーズの無糖カフェオレ買ったけど、まずかった
・いつ買ってもまずい
※参考サイト→Twitter

とにかく、「まずい」ばかりが出てきます。
では、一体何がそんなに不味いのか?ということに関しては分かりませんでした。

味と言ってしまえばそれまでなのでしょうが、微糖と買っても無糖を買ってもまずいと答えている人が沢山います。

原因は缶コーヒー?

タリーズの缶コーヒーがまずい原因は、缶コーヒーとして売り出すからまずいということが考えられます。

そもそも、缶コーヒーに使われている豆は、まずい豆をブレンドしていることが多いもの。
喫茶店でも出せないようなコーヒー豆を使っているのです。

どうしてそんな美味しくない豆を使っているかというと、缶コーヒーは大量生産をする必要があるからです。

ハンドドリップとは違い、生産性を第一に考えているのでどうしても苦味が出すぎた缶コーヒーが出来てしまったりします。

タリーズの缶コーヒーでも美味しいものを選ぶならコレ!

タリーズで美味しい缶コーヒーを選びたいなら、「アラビカ種を使っているタリーズのブラックコーヒー」を飲んでみてください。

喫茶店でも出せないほど美味しくないコーヒー豆の多くは、ロブスタ種と呼ばれる豆を利用しています。

インスタントコーヒーでも、このロブスタ種を利用していることが多いのですよ。

では、美味しい品種は何か?というと、「アラビカ種」と呼ばれるコーヒー豆が美味しいです。

そして、タリーズから出ているこちらのコーヒーは、アラビカ種100%。
だから、缶コーヒーの中でも美味しい部類に入ります。

もちろん、コンビニの淹れたてコーヒーに比べたら負けますが・・・
缶コーヒーとして比較すれば美味しく感じるはずです。

缶コーヒーはどんどん美味しくなっている!

缶コーヒーは今も大量生産第一に考えて作られているため、確かに味は落ちます。

しかし、最近の缶コーヒーは技術向上がすすみ美味しいと感じるものも増えているのも事実です。

一度試していただきたいのですが、昔は缶コーヒーと言えばジョージアのブラックという人も多かったのではないでしょうか?

でも、今はジョージアのブラックよりもタリーズのブラックを飲んだ方が美味しく感じるはずです。
美味しさは日々進歩しているので、これからも缶コーヒーで美味しさを追求したいものですね!

まとめ

タリーズの缶コーヒーがまずいと答えている人たちは口コミをチェックすると沢山いることが分かりました。

確かに、缶コーヒーは生産性を第一に考えて作られているので味が落ちることも多く、使用する豆も品質の良くない豆を使っていることが多いです。

でも、最近はどんどん美味しく変化してきています。

ぜひ、タリーズの「アラビカ種を使っているタリーズのブラックコーヒー」を飲んでみてください。
美味しい豆を使っていることがよくわかるはずです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!