ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

トゥルースリーパーの枕で肩こり悪化?原因と改善方法

トゥルースリーパーを使えば肩こりや腰痛が楽になると期待して購入するも、逆に悪化してしまったという声が時々聞こえます。

低反発は体にフィットしやすいから楽になりそうなのに、原因は何なのでしょうか?

本記事では、トゥルースリーパーの枕を使用すると肩こりが悪化してしまう原因と改善方法についてご紹介いたします。

トゥルースリーパーの枕で肩こりが悪化する原因とは?

「せっかく買ったのに・・・お金の無駄だったかも」と考えてしまう人も少なくないですよね。

トゥルースリーパーで肩こりが悪化してしまう原因は2つ考えられます。

1. 自分の体に合っていない

2. 肩こりや腰痛がもともとひどい

1つずつ説明していきます。

・自分の体に合っていない

低反発の商品は最近当たり前のように沢山販売していますが、そもそも低反発と一言で言っても硬さは違うことをご存じでしょうか?

低反発には、軽いタイプの低反発と重い低反発が存在します。

そして、トゥルースリーパーはどちらのタイプなのかというと、重いタイプの低反発に属します。

では、重いタイプの低反発を使用するとどんなデメリットがあるかというと・・・

まず吸湿性が悪くなります。

そのため汗が体にじっとりと溜まりやすく皮膚がかぶれてしまうことがあります。

そして重さが上手く分散できない時があります。

低反発は重さがかかるとズシーンと沈むので、肩こりや腰痛がひどい部分を支えるどころか余計に体が沈んでしまい、症状が悪化することがあるのです。

・肩こりや腰痛がもともとひどい

また、トゥルースリーパーを使う前から肩こりや腰痛がかなりひどかった場合も、さらに症状がひどくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

私たちは寝ている間に平均すると40回くらい体制を変えているものです。

これは無意識に体制を変えているのですが・・・

トゥルースリーパーのような低反発で寝ていると、お尻や頭が沈んだままになるので上手く寝返りをうつことができません。

すると、寝ている間中、同じ個所に負担がかかり続けるので首や肩を痛めることがあるのです。

トゥルースリーパーを購入する人というのは、「低反発だからいいかも」と期待して購入することが多いですが、低反発だからこそのデメリットもあることを覚えておきたいですね。

トゥルースリーパーの肩こりを解消する方法は?

では、トゥルースリーパーの枕で肩こりがひどくなってしまった場合は、買い替えてしまうことをおすすめします。

肩こりがひどくなると、全身の調子が悪くなってしまうので、出来るだけ早めに自分に合う枕を購入することをおすすめします。

最近は、枕を購入する時にお試しとして使用できる期間が設けられている会社が増えてきました。

そのような返品可能なお店で枕を購入すると後悔しませんよ。

まとめ

トゥルースリーパーの枕を使用することで肩こりがひどくなることはあります。

肩こりがひどくなる原因としては、「トゥルースリーパーが体に合っていない」「寝返りが上手くできていない」ということがありましたね。

低反発は体に良いイメージを持つ人も多いですが、重い低反発を選ぶとかえって症状が悪化してしまう場合があるので気を付けていきましょう。

また、トゥルースリーパーの枕がどうしても合わなくて使いにくい場合の改善方法としては、新しい自分に合う枕を新たに購入することをおすすめします。

新しい枕を購入する時は、お試し期間が設けられている枕を選ぶことで、後悔のない買い物が出来るようになりますよ。

枕は睡眠の質を左右する大切なアイテムなので、お金を惜しまずに長く安眠効果が期待できるものを購入しましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!