ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ミネラルウォーターを水筒に入れる時に注意したい2つのこと

水が好きな人は、ミネラルウォーターを水筒の中に入れて持ち歩きますね。

確かにミネラルウォーターは口当たりも良く水筒に入れて持ち運ぶのも良いのですが、「雑菌が入りやすい」ということだけ覚えておきたいもの。

本記事では、ミネラルウォーターを水筒に入れる時に注意したい2つのことをご紹介いたします。

ミネラルウォーターを水筒に入れる時には「早めに飲みきる」

まず注意したいことは、水筒にミネラルウォーターを入れたまま放置しないことです。

なぜなら、ミネラルウォーターには水道水のように塩素が含まれていないからです。

そもそも水道水に含まれる塩素は病原菌となる雑菌を殺菌する働きがあります。

そしてミネラルウォーターは、この塩素を取り除いてしまっているので体には優しいのですが、その分雑菌が入りやすくなっています。

そのため、ミネラルウォーターを水筒に入れた時には早めに飲みきることを意識することが大切です。

ミネラルウォーターを水筒に入れる時には「口をつけない」

また、水筒に口をつけて飲むタイプのものなら、口をつけずにコップに移し替えて飲むようにしましょう。

いくらミネラルウォーターは衛生的な飲み物でも、私たちの口の中には雑菌が沢山含まれています。

だから、水筒に口をつけてしまうと、せっかく衛生的なミネラルウォーターに雑菌があっという間に入ってしまいます。

このように、ミネラルウォーターは体に優しい分デリケートな水だということを覚えておきましょう。

水筒をこまめに洗うことも忘れずに!

ミネラルウォーターを水筒に入れて飲む時には、上記2点に気を付ける必要がありました。

ただし、水筒自体が綺麗に使えていない場合、いくらミネラルウォーターを入れても衛生的な美味しい水を飲むことはできません。

ぜひ、水筒は毎回こまめに洗うように心がけてください。

水筒を洗うグッズはとても沢山ありますが、おすすめは簡単で体に優しく、細部まで綺麗に汚れが落とせるものです。

どんなものがあるかまとめてみました。

・アスト/水筒・ステンレスボトルフリフリ洗い

こちらは、セラミックが汚れや臭いを吸着することを生かしたグッズです。

使い方はとても簡単で、セラミックの粉を水と一緒に水筒の中に入れたらシャカシャカと振るだけ。

最後は流してから水道水で水洗いすれば完了です。

・サーモス/マイボトル洗浄器

こちらは茶渋も落としてしまうと人気の洗浄グッズです。

なんと、電気を使って汚れを落とすというメカニズム。

専用の酸素系漂白剤と水をセットしたら電気を流します。

すると、化学反応でどんどん汚れが落ちていくのでピカピカの水筒に早変わり!

洗浄にかかる時間は3分と短く、洗浄が終わった後は水道水でしっかり洗えば完了となります。

毎回こちらを使用する必要はありませんが、時々しっかり洗いたい時には使用してみると良いですね。

・マーナ/マイボトル・水筒洗いorペットボトル洗いビーンズ

マーナから出ているこちらの2つのグッズは、スポンジで洗いにくい所がしっかりと洗えることで人気です。

「マイボトル・水筒洗い」は先の方がL字になっているので底面と壁面の角が洗いやすくなっています。

また、「ペットボトル洗いビーンズ」は枝豆のような形状になっているため、通常のスポンジの大きさでは届かないような細かな部分も先端を使って綺麗に落とすことが可能です。

まとめ

ミネラルウォーターを水筒の中に入れて持ち運ぶ時には、早めに飲みきることと水筒に口をつけて飲まないことが大切でしたね。

また、水筒自体も毎回綺麗にしておくことで、雑菌がミネラルウォーターに入ることを防ぐことが可能になります。

ミネラルウォーターは水道水のように塩素が含まれていない分、体には優しいですが劣化するのも早いと言われています。

ぜひ、しっかり殺菌して美味しいミネラルウォーターを飲み続けましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!