ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

5年保存水はまずい?実際に飲んでみた感想を暴露

非常用としてなくてはならない5年保存水。

普通の水に比べて保存期間が長いことから、「まずいのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、5年保存水は全くまずくありません。

去年飲んだ私が証明いたします!

5年保存水はまずい?→絶対まずくありません

「5年もそのままにしておいた水なんて、美味しいわけがない」「美味しくないけど、飲まないよりはマシだから5年保存水はあるんじゃないの?」

そう思っていませんか?

5年保存水、普通に美味しいです。

まず色。

5年保存水の水は水道水と変わらないくらい透明度が高いです。

見た目では普通の水道水と何が違うのかさっぱり分かりません。

そして味。

全く5年も保存していたとは考えられないくらいに美味しかったです。

私は硬水の水が好きではないのですが、「硬水を飲むくらいなら5年保存水を飲んでいた方がいい」と思うくらい美味しかったです。

そしてもちろん、体への悪影響も全くなし。

お腹を壊すことなく1日が過ぎていきました。

ちなみに、一緒に飲んでいた旦那も全く異常なく飲んでいきましたよ。

そのため、5年保存水は賞味期限ギリギリで飲んでも美味しく飲めます。

ぜひ、賞味期限が近付いてきたらもったいないので飲むことをおすすめします!

通常の水と5年保存水は何が違う?

5年保存水はどうして美味しいのに保存がきくのか?

「5年も保存できるくらいなのだから、保存料が大量に含まれているのではないか?」なんて不安に思いませんか?

でも、5年保存水は保存料が沢山含まれているから保存期間が長いわけではありません。

5年保存水は、ペットボトルに水を注入する前段階から殺菌処理されていたり、製造する時に高温殺菌しているから長期保存がききます。

決して、保存料などの添加物が大量に含まれているわけではないので安心してください。

5年保存水を美味しく保存する方法

もしも、5年保存水を飲んでみてまずいと感じた場合、保存の仕方が良くなかった可能性があります。

5年保存水は、3つのことに注意しながら保存することが大切です。

・冷暗所に置き直射日光が当たらないようにする

・香りやにおいが強いものを近くに置かない

・段ボールに穴をあけない

5年保存水は、段ボールに穴があいていません。

そのため、持ち運びしにくいからついつい穴をあけてしまいたくなりますが・・・これは絶対にNG。

どうして穴をあけてはいけないかというと、品質が落ちる可能性があるためです。

5年保存水は、長期間の品質保持をするために段ボールもわざと梱包しています。

そのため、段ボールに穴をあけてしまうと、その部分から雑菌が入り込んでしまう可能性があるので穴はあけないようにしましょう。

また、いくらしっかり梱包してあっても香りやにおいが強いものを一緒に置くと移ってしまう可能性もあります。

いつ起こるか分からない災害時に、少しでも美味しく水が飲めるように置き場所も工夫したいものですね。

まとめ

5年保存水はまずいのか?と不安になる人もいますが、全くまずくありません。

私は去年、旦那と一緒に5年保存水を飲んで片付けましたが見た目も味も普通のミネラルウォーターと変わりませんでした。

もしも5年保存水がまずいと感じてしまったなら、それは保存方法に問題があったと考えます。

5年保存水は、3つのことに注意しながら保存してください。

・冷暗所に置き直射日光が当たらないようにする

・香りやにおいが強いものを近くに置かない

・段ボールに穴をあけない

以上の3つを守れば、賞味期限が近付いてきても美味しく飲めるはずです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!